元大工が教える確かな物件の探し方!物件情報のすべてを教えます。

よくある質問


諸費用ってどのくらい見とけばいいの?

よくいただく質問です。
諸費用としまして、登記費用、仲介手数料、契約印紙税、火災保険料など他にもいろいろあります。
物件の価格に対して、概ね7~10%程度になります。

大事な資金計画です。しっかり計画を立てましょう。
資金計画については、こちらのページをご参照下さい。

 

住宅ローンの相談は乗ってもらえますか?

もちろんです。
Sano住建はお客様のご希望借入金額や月々のご希望返済金額など考慮して、その条件に適した金融機関のご紹介させていただきます。
世間では、住宅ローンの 融資代行手数料で10万くらい請求するところもありますが、Sano住建ではローン手続きも無料で承ります。

お客様自身もローンについてしっかり理解をし、納得した上で手続きを進めましょう。

なかなか時間が取れなくお忙しい方でも、僕が代行できる範囲でサポートします。
また不動産屋にまかせっきりにした場合は特に危険です。

言うなりに進んでしまって訳が分からないまま手続きし、返済が始まってから「えっ?」では遅いです。
自分たちも理解をししっかり納得しながら進めましょう。

住宅ローンについては、こちらのページをご参照下さい。

   

 

住宅の保証は何年あるの?

気になるところですよね。

・新築住宅の契約では、「住宅品質確保促進法」があり、この保証期間を10年に義務付けています。
・構造耐力上主要な部分(基礎、柱、床、梁)
・雨水の侵入を防止する部分(屋根、外壁)

上記以外の瑕疵担保責任は、従来どうり2年以上にする決まりがあります。
その後のアフターもSano住建にお任せください。

 

購入したい物件は決まったのですが、建物の品質や状態が心配なんですが?

Sano住建では、元大工として建築士として、住宅診断を無料で行います。
あくまで買主様の視点に立って、客観的に建物の良し悪しを弊社が判断します。
この住宅診断をすることで本当の建物への信頼性、安心感を得ることができます。
買主様に少しでも不安が残らないように全力でサポートします。

住宅診断については、こちらのページをご参照下さい。

 

建売ってなんでこんなに安いの?安かろう、悪かろうでは?

確かに安いです。まず建売業者の特徴は、大きな土地を安く仕入れています。
そして建材などの材料、設備、機材を大量に購入することで安く仕入れています。
人件費を抑えているのも一つの理由です。
また、日に日に値段が安くなるのは残すより売りたいという思いが実情なので、それも理由の一つです。

 

建売の物件って外装、内装は変えれないの?

費用を抑えたいけど、人とは少し違うものがいいという方にはオススメです。
その時は、弊社が建売業者様と交渉しますのでご相談ください。

    

 

買付証明書って何ですか?

買付証明書というのは、売主様に対して買主様の物件購入意思を伝える書面です。
買付証明書を売主様に提出し、売主様がその金額(金額交渉をいれている場合)で納得しましたら原則、契約となります。

買付証明書を提出後に、お客様の一方的な理由で解除するのは、原則できません。

本当に購入意思がある場合にのみ、買付証明書は書く事ができます。 物件を納得するまで考えて頂き、また不明なことや不安なことがあれば ご相談をして頂ければと思います。

 

ハウスメーカーと建売業者、地元の工務店の違い?

簡単にいいますとブランド力です。いつもCMや広告を目にする売主様の方が、必然的に値段は高くなります。 メーカーによってサービス、工法の違いはありますが大きな差はありません。

≪ それぞれの特徴≫
・ハウスメーカー・・・・ ブランド力、信頼、値段が高い。
・建売業者・・・・値段が安い、設備など選べないのと少し劣る。
・地元の工務店・・・・・地域密着、ブランド力がない

 

 

トップページ | Sano住建の思い | 契約までの流れ | よくある質問 | 会社概要 | お問い合わせ
Copyright(c)2011 sanoju-ken.All rights reserved.