元大工が教える確かな物件の探し方!物件情報のすべてを教えます。

お役立ち情報


住宅診断って何?

住宅診断とは購入する物件に問題はないかどうか建築の専門家が調査するもので、住宅の欠陥の有無などをを見極めるものです。

米国でも取り入れられており、日本でも耐震偽装問題以降欠陥住宅に対する不安やトラブル回避のため、需要が高まってきています。

◇住宅診断の概要
・建築技術者として、物件に欠陥などないかを専門機材を用いて検査します。
・検査内容に基づき、調査報告書を作成し、アドバイスを行います。
・建築中であればその工程に合わせて一緒に立会い、仕上がりを随時検査します。
・引渡し前の施主検査では一緒に立会いプロの視点からチェックします。

⇒住宅診断時のチェックポイント

≪外回り≫

◇基礎
表面のひび割れや仕上げモルタル等の浮き・剥がれを目視・打診にて確認 (クラックスケール・打診棒を使用)

◇外壁
外壁材のひび割れ・ズレ・欠損・浮き・白華 塗装面の劣化(変色・退色、白亜化、剥離) 目地シーリング材のひび割れ・破断・白亜化などを目視・打診・触診にて確認 (クラックスケール・打診棒を使用)

◇屋根
仕上げ材表面のひび割れ・欠損・ズレ・腐食を目視にて確認 防水性能に影響しないかどうかに重点を置く (単・双眼鏡などを使用(建物周辺や上階・バルコニーより))

◇軒樋
仕上げ材のひび割れ・欠損・浮き・剥がれ・腐食を目視にて確認 (単・双眼鏡など(建物周辺や上階・バルコニーより))

◇雨樋
変形・破損・外れ・さび・(詰まり)を目視にて確認 (単・双眼鏡などを使用(建物周辺や上階・バルコニーより))
外部に取り付けられている金物類さび・変形・破損・脱落・ぐらつき・支持部 材の腐食などを目視にて確認(単・双眼鏡などを使用)
バルコニー防水層の破断、床面の沈み・腐食、手すりのぐらつき、支持部材 の腐食、欠損を目視・触診および自身の体重をかけて確認
外部階段欠損、破損、ぐらつき、腐食を目視および自身の体重をかけて確認


≪室内の状態≫

◇壁
柱及び梁のうち室内に面する部分仕上げ材の剥がれ・割れ・腐食・カビ 水染み跡を目視・触診にて確認 (クラックスケールを使用) ※経年変化や乾燥収縮などは総合的に判断する必要がある。
傾斜の確認(オートレーザー・下げ振りなどを使用) ※勾配の傾斜6/1000以上を瑕疵が存する可能性が高いものとする。

◇床
剥がれ・ひび割れ・欠損・腐食・カビ、著しい沈み・床鳴り、たわみを目視 および自身の体重を利用して確認。
著しい傾斜には機器を使用して確認 (水平器、レーザーレベルを使用)

◇天井
仕上げ材表面のひび割れ・欠損・腐食・カビ・水染み跡を目視にて確認
※点検口より見える範囲で目視確認を実施

◇階段
著しい沈み・きしみ・傾斜などを自身の体重を利用して確認
傾斜には機器を使用して確認(水平器を使用)

◇サッシ・ドア・シャッター・雨戸など
動作不良がないか開閉・施錠して確認


≪床下の状態≫

◇土台および床組割れ・腐朽・虫食い跡・水染み跡・湿り気・緩みなどを床下 点検口より目視にて確認(懐中電灯・デジタルカメラを使用)

◇基礎および床下面著しい割れ・欠損・鉄筋の露出・蟻道と思われる付着物、 木屑の堆積などを床下点検口より目視にて確認 (懐中電灯・デジタルカメラ・クラックスケールを使用)

◇束緩み・浮き・腐食・蟻道と思われる付着物を床下点検口より目視および手で 触れて確認(懐中電灯・デジタルカメラ・含水率計を使用)


≪小屋裏の状態≫

◇梁、桁、小屋組および野地板著しい割れ・腐朽・虫食い跡・水染み跡・湿り気・ 接合部では、緩み・さび等を天井点検口より目視や可能な範囲で手で触れて確認(懐中電灯・デジタルカメラなどを使用)

◇各階間の天井裏、下屋小屋裏著しい割れ・腐朽・虫食い跡・水染み跡・湿り気・ 接合部では、緩み・さび等を天井点検口より目視や可能な範囲で手で触れて確認(懐中電灯・デジタルカメラなどを使用)


≪設備の状態≫


◇給水設備給水量不足・著しい変色を確認※10ℓの水を溜めるのに要する時間が90秒を越える場合は給水量不 足漏水は、水栓・配管周りおよび水道メーターの動きにて確認

◇給湯設備給湯量不足の確認

◇排水設備排水不良・詰まり・漏水・水漏れ跡の確認 最終ます内の堆積物を目視にて確認

◇換気設備給排気量不足・動作不良・異音などがないか、動作確認

◇火災警報器設置の有無の確認 動作確認(動作確認用テストボタンによる)

◇その他照明機器の点灯確認

 

 

 

トップページ | Sano住建の思い | 契約までの流れ | よくある質問 | 会社概要 | お問い合わせ
Copyright(c)2011 sanoju-ken.All rights reserved.